ホーム > news > STAFF紹介

STAFF紹介

「sopaはスタッフの雰囲気が良いよね」と、ありがたい事に言って頂く事が多いので、こちらでその元気なスタッフ達の紹介を早くしたいものだ、と思っていました。

では、、、!

ギャニャールのブラバトゥ出身の『ワヤン』

スタッフ唯一の男性『ワヤン』は昔からの知り合い。元ホテルのレストランで働いていただけにちょっとしたお料理やドリンクメニューはさささっと作ってしまいます。英語もなかなか上手でちょこちょこと「おかしな日本語」も挟んできます。

ジョークや、時には「しつこいよっ!」と私たちに怒られるほどのネタで笑わせて(時には苦笑い)くれるのと同時にしっかりsopaを仕切ってくれているのが頼りになります。

友人N子さんのスタッフである奥さんのワヤン(バリでは第一子に多く使われる名前)の間に2人の娘ちゃんが居ます。(3歳と0歳)

続きまして

『イブ・レオ』も元々知り合いでした。

女優の「広田レオナ」さんに似てる!とフードコーディネイターのSさんが言うもんで、当初名前が覚えにくいから「イブ・レオナ」にしようよ、と話してたら本人が「あ、うちの子「レオ」って言うからイブ・レオって呼ばれてんだけどなんで知ってんの??」と。

いやぁ、偶然とは恐ろしいものです。

彼女はもともと別のお店(sisi)の隣のお店のお店番として働いてた人で以前から知っていたものの、その界隈の奥さま連中はいつもくっちゃべってはダラダラしてる印象があり(多くのお店番の人たちがそうですが)、上の唯一の男性スタッフワヤンが「知り合いの知り合いが、、、」と連れて来てくれたときは正直

「見たことあるな、、、げっ!隣のおばちゃん!!!」

と思いました。今まで挨拶程度で本人ときっちり話した事は無かったのだけれど、印象はあまり良く無かったのが率直な感想。

「年も年だから働かせてくれるならなんでも一生懸命します!!」と真っすぐな目で言ってくれました。知り合いと言うものはまず断れないのがこちらバリ。

う〜〜〜ん、と思いながらも「取り敢えず始めて下さい。でも、あっちのお店の時みたいに座ってダラダラとかうちは無理だから」と念を押しました。

sopaは「ほっ」とする雰囲気を出したかった。子ども連れで来て緊張する事無く落ち着けるお店にしたかったので、スタッフはバリの「イブ」(奥さん)たちを中心に選ぶつもりでした。

確かにイブ・レオは立派なイブ。でもなぁ、豹柄のジャケットやしなぁ、、、(これは意味ない?)とハッキリ言って心配していました。

と、ところが!!!

仕事を始めるや、頭角をめきめきとあらわす彼女にもうびっくり。

とにかく「こんな年の私を雇って下さって本当にありがたや〜〜」と常に言うのもそうなんですが、仕事を本当に一生懸命してくれて、その感謝の気持を表してくれる。

なにか問題が起きたときも焦りつつも「わ、わたしがなんとかしなきゃっ!」と思うみたいで、「えーっと、これはですね、こうこういう理由で起こった事なので、こうしたら良いと思うので、大丈夫大丈夫!」なんて必死で説明して間に入ってくれます。

イブ・レオが必死で言ってるから、、、じゃ、そういうことで。となった事もしばしば、です。

表情も豊かで可愛らしく、英語も話すのでお客さまからも人気です。

「あの人、すごい良い人、好きです」とこの前も女性のお客さまに言っていただきました。本人は「へ?なに?なにか私やっちゃったー?あっちゃ〜」って変な顔してましたが。

すでに大きな息子さんが居る素敵なムードメーカーのイブです。

ペネスタナン出身で、私よりもあの辺りの外国人在住者に顔が利き、「あぁ、イブここで働いてんの???」なんて声をよくかけられてます。

今回最後の紹介はこちら!

通称「カデカデ」のカデはパヤンガン出身。

かなり緊張気味の表情のカデさんはうちのスタッフの多くが来てる「パヤンガン」出身。

写真を撮るときも寸前までは「えーっと、包丁でも持つか!あ、ドロボウみたい?」と大笑い。

『じゃりんこチエ』に出て来そうな、にちゃ〜、っと笑う可愛いイブです。

sopaのスタッフは現在6人。そのうち2人は外国人と今まで関わった事がほぼ無い、本物の100%田舎のイブ、を引っ張って来たのですが、偶然それは両方カデさんで、その一人。

日本語英語はほぼ無理。フリーズします、、、とは言え、その独特の雰囲気は場を和ませます。

小さい声でぼそり、と言う辛口のジョークはかなりレベル高し。

刺繍や編み物が実は得意らしく、いつかその腕が役立つときも??

毎日パヤンガンの市場から新鮮な野菜やフルーツを仕入れて来てくれる頼りになるスタッフです。

2人の子供ちゃんのママだ、そうです。

access to “warung sopa” 『ワルン・ソパ』へのアクセスはこちら

http://www.warungsopa.com/?p=6

*毎週日曜日の朝9:30頃から13:00まで『sunday organic market』が行われています。

新鮮なお野菜と和菓子やフレッシュクリームを使ったケーキ。手作り納豆、ナチュラルココナツ石鹸、エコバッグなどなどが山盛りで楽しいマーケット。お茶を飲みつつお買い物も楽しんで頂けます。

カテゴリー: news タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。