ホーム > Access > Access to Warug Sopa and Sopa Garden

Access to Warug Sopa and Sopa Garden

vegetarian cafe in “UBUD” BALI. indonesian, western and japanese mix.

We have two warung sopa.

■warung sopa

Jl.Sugriwa no.36 Padang Tegal Ubud Bali

tel:0851-0076-5897

■sopa garden

Jl.Nyuh kuning no.2 Pengosekan Ubud Bali

tel:0851-0080-1340

warungsopa-sopagarden-map

カテゴリー: Access タグ: , , ,
  1. midori
    2012 年 5 月 5 日 12:07 | #1

    大好きなsopaさん。何回も利用させていただいてます。しかし先日伺った際のこと、子供さんがいるのは承知しておりますので問題ありません。しかし在住日本人奥様たちがお子様連れでいらしてて、その子供たちのうるささと店内を走り回る騒ぎにうんざりしてしまいました。その場にいる欧米の子たちはそんな事も無く日本人として悲しくなりました。子供が遊べるカフェは大賛成です。お店に不満を言っても仕方が無いのも分かります。でも、あまりにもひどい食事になってしまいました。不快な思いをさせたら申し訳ありません。どうしても言わずに入られませんでした。

  2. 生島尚美
    2012 年 5 月 5 日 14:25 | #2

    この度は貴重なコメント大変ありがとうございます。

    せっかくsopaに来て下さったにも関わらず、寛いで頂けず本当に申し訳ございませんでした。
    sopaのスタッフからご注意を促し、他のお客様のご迷惑にならないようするべきでした。

    スタッフにも伝え、今後に活かして参ります。
    こうしてお伝え頂いて本当に感謝しています。 ありがとうございます。

  3. 堤由起子
    2012 年 8 月 16 日 23:45 | #3

    いい話ではありませんので、我慢して忘れようと思いましたが、どうしても、納得がいかず、投稿させていただいております。

    レストランとしてはとても素晴らしいと思います。お料理もとてもおいしい。出来れば何度も利用させていただきたいぐらいです。
    ですが、もう二度と行きたいとは思えなくなってしまいました。。。

    そちらで行っている貸本のサービスのことでとても、嫌な思い出ができてしまったのです。
    それ自体は、本当にオーナーさんの心遣いと機知の溢れる素敵なサービスです。

    ですが、最初のに本を一泊でお借りした時、食事代と合わせてお支払いしたと思っていたのに、次の日に返却に行くと、代金を請求されました。
    前日男性の店員の方にお支払いしたのですが、(その時にそうお願いしました)
    英語も日本語もわからない女性店員さんで、何度お伝えしてもわかってもらえず、とても、嫌な雰囲気になり、時間を置いて、対応してくれた男性の店員の出勤時間に合わせて再び問い合わせると
    『チャージしていない』
    といわれ、払い直しました。
    領収書をいただいていなかったので言われるままにせざるを得なかったのです。
    しかし、疑問が残りました。

    今度は、間違いの無いように、本だけを借りました。
    それを返却する時に、同じ男性店員に、今度は、本が一冊足りないと責められました。
    もちろん、全巻揃っていたので、それを説明すると、
    『自分は日本語がわからないから、それで完結しているのかわからない』
    と、公衆の面前で泥棒扱いです。
    半泣きになって英語で説明していると、白人の男性が事態に、気が付いて私の方に何事かと言うように、アイコンタクトをしてくれ、それに気が付いた、男性店員は、慌てたように
    『もういい』
    と追求を止め、放免されました。
    一人だけでしたので、正直、本当に怖かった。

    それっきり、お店に入っていません。

    ですが、昨日東京の友人がバリに来たのをきっかけに、友人が貸本目的で来店し、彼女は本を一泊で借りて行きました。
    その時に、デポジットと、貸本代を全てお支払いしたはずなのに(私もそばで見ていました)
    『払っていない』
    とデポジットを満額返してもらえませんでした。

    日本円にすれば、小さな金額です。
    領収書を、改めてみると、なんとポジットだけの金額しか書かれていません。
    いちいちいただいた領収書をきちんと確認しない友人が悪い、と言われればそこまでです。

    ですが、日本人で領収書を、必ず確認する習慣のある方はあまりいないと思うのです。

    貸本代金は本当に安く、オーナーさんの良心で、利益など全く想定していないのはわかります。

    友人は、この対応に、とても傷ついて、結局、一切のお金を受け取らず、お店を出てしまいました。

    私一人なら、ともかく、友人にまで同じ思いをさせてしまい、後悔しています。

    そこで、思い切って投稿させていただきました。
    3度も立て続け。。というのはいくらか不自然な印象もいたします。

    トラブルと言っても、せいぜいが数百円、普通の日本人だったら、黙って我慢するでしょう。友人と話したのは、意外に同じようなトラブルにあった日本人女性観光客(現地在住ではない)は、他にもいるのではないか、ということ。
    それに、一部の計算機を細工して、数百円を誤魔化すように、せっかくの旅行に嫌な思い出を残さないように悪質なインドネシア人経営の店舗を避け、安心、信頼を求めて日本人経営のお店を求めて来る、私達の様な日本人女性旅行者は、大勢いると思います。

    せっかく、いいお店を見つけたのに、本当に残念です。
    いかがでしょう、もう少しシステムをしっかりさせて、トラブルが起きないようにしていただくことはできませんか!?

    このサービス自体は本当に素敵だと思います。
    一度だけでしたが、料理も美味しかったですし。。。。

    嫌な話なので二人の体験をまとめて一つのコメントとして投稿させていただきます。
    せっかく、外国で心をくだいて寛げる場所を提供してくださっているオーナーさんに、こんなコメントを、申し訳なく思います。
    すみませんでした。

  4. 2012 年 8 月 17 日 00:20 | #4

    初めまして。

    重要なコメントありがとうございます。
    そして非常に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

    お友だちの方にもせっかくのバリでの楽しい筈の滞在をこんなことでダメにしてしまい
    本当に謝罪をしても足りない程だと思っています。

    私がお店にいる時にも過去、お客様にお返しする金額が分からずお客さまとスタッフが
    説明して、それでも「?」となってる場面に出くわした事がありました。
    その時はもちろん私が居たので確かめて「こういう訳です」とご説明したのですが、
    分かりづらいシステムであるのと、実際スタッフが間違えている事も今回堤さまが
    教えてくださったのを読み、多いのだと確信しました。

    その時にシステムについて考え直し、素早く対応するべきでした。

    今回の頂きましたコメント、私にお気遣い頂きながら言葉をお選びになって書いてくださったのが文面でもひしひしと感じられ、申し訳なく、そして感謝しています。

    男性スタッフwは一生懸命仕事はしているのですが、同時に「思い込み」が激しいのと感情的になり易い事もある人なので、お客さまにも偉そうに言ってるのではないか、と気になっていました。
    堤さまのようにおっしゃって下さる方の後ろには同じ様な目に遭われた方は少なく無い筈だと思ってます。

    女性スタッフの件でも申し訳ありません。
    sopaは普通のバリの家庭の様な雰囲気を、とひとりの男性スタッフをのぞいて、もともとその
    コンセプトもあり、「普通のバリの奥さん」に仕事をしてもらっているのもあり、2人程、ほとんど
    英語を話せないスタッフが居ます。
    基本的な英語の会話は教えたものの、今回のやり取りの事をお伺いして申し訳ない限りです。

    私は現在長期や在住の子どもたちを中心とした人たちの為の「日本語図書室」(無料で貸し出ししています)を作ったのもあり、需要の多い、そちらに本を少しずつ移していこう、とちょうど今月に入ってから考えていた所だったので、早めて、移動させる様にします。 

    私が13年程前にしていたお店で最初始めた貸本だったのですが、その当時のシステムをそのまま引き継いでいたのも大きな問題だと思います。(それをひとりのスタッフが当時は管理していました。)

    今回の事をスタッフとも話をしよう、と思っていますが、やはり私の大きなミスです。
    謝罪してもバリでの貴重な時間と気持ちは取り戻せないと思います。
    他のお客さまもいらっしゃるところで声高に言われたこと、想像するだけで情けなく、申し訳ない
    思いです。

    宜しければご友人の方にも直接出来る事なら謝罪をしたいと思っています。

    今回、この様にご連絡頂きました事本当に感謝、と言えば変な言い方なのですが、ありがとうございます。
    すぐにでも対応するようにします。

  1. 2010 年 6 月 12 日 23:31 | #1
  2. 2010 年 8 月 18 日 09:53 | #2
  3. 2010 年 10 月 26 日 13:58 | #3
  4. 2010 年 11 月 8 日 23:47 | #4
  5. 2010 年 12 月 6 日 00:15 | #5
  6. 2011 年 1 月 4 日 21:48 | #6
  7. 2011 年 2 月 10 日 23:22 | #7
  8. 2011 年 3 月 20 日 09:53 | #8
  9. 2011 年 4 月 8 日 13:04 | #9
  10. 2011 年 5 月 1 日 08:32 | #10
  11. 2011 年 5 月 17 日 10:19 | #11
  12. 2011 年 6 月 24 日 11:11 | #12
  13. 2011 年 7 月 17 日 07:38 | #13
  14. 2011 年 8 月 14 日 23:58 | #14
  15. 2011 年 8 月 26 日 15:07 | #15
  16. 2011 年 9 月 30 日 21:26 | #16
  17. 2011 年 11 月 5 日 09:40 | #17
  18. 2011 年 11 月 25 日 12:46 | #18
  19. 2012 年 2 月 28 日 17:28 | #19
  20. 2012 年 4 月 2 日 22:31 | #20
  21. 2012 年 5 月 25 日 22:39 | #21
  22. 2012 年 11 月 9 日 10:21 | #22
  23. 2013 年 1 月 16 日 10:40 | #23
  24. 2013 年 6 月 25 日 21:45 | #24
  25. 2013 年 11 月 25 日 10:46 | #25
  26. 2014 年 3 月 28 日 11:53 | #26